大人剣道・上達プログラムの内容について(5) | 大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~

大人剣道・上達プログラムの内容について(5)

大人剣道・上達プログラム 【教士八段 林朗 監修】

大人剣道・上達プログラム 【教士八段 林朗 監修】
 
 
中高年で剣道を始めた方に適した素振りの基本とは?

剣道以外のスポーツ経験者には、剣道では抜けにくい悪癖を持った方がいらっしゃいます。

そんな方に必要な基本的な稽古法をお見せします

大人剣士が試合で勝つための技術を効率よく身に付けるには?

子供の頃からの長年の剣士とは、駆け引きなどで大きな経験の差があるのはやむをえませんが、正しい技の身に付け方をすれば、必ず試合でも負けない「余裕」が生まれます。

しっかりとした勝つための技術はお見せできます。

運動神経が衰えてから始めた剣士のための無理のない稽古法

剣道は生涯行うことができる武道です。運動神経はあるに越したことはありませんが、衰えたとしても稽古に問題はありません。

正しいやり方で上達するポイントがあります。

握力が強くない女性剣士の素振りの練習法とは?

子供であれ成人であれ基本は同じです。が、非力な女性ほど負けじと、不要な力で竹刀を振ることがあります。 

正しく、無理な力を入れない稽古法はDVDでご覧になってください。

足腰が衰えた大人でも無理なく行うかかり稽古の注意点

掛かり稽古は非常に厳しい稽古の一つですが、単に筋力や体力のための稽古では決してありません。 

呼吸と〇の力、そして精神を鍛えるもので、足腰が弱くても必ず行うものです。重要なので詳しくお見せしましょう。

熟年でも必ず一本が取れるようになる剣道稽古法とは?

このDVDでとことん基礎的な稽古法とその意味、実践方法を解説しました。 

繰り返し日々の稽古に取り入れれば結果の出る稽古法をお伝えします。

40代で剣道を始めた人でも昇段できる基本の身に付け方とは?

剣道は昇段がすべてでは決してありませんが、40代からでも昇段を目指すことは素晴らしいことです。

審査に受かるためだけでなく、日々積み重ねるべき稽古方法を解説しました。

物見からの正しい目付のポイントとは?

正しい面の付け方、そして物見からの目付は、軽んじることのできない重要なポイントです。

〇〇を意識することが不可欠ですが、きちんと教えている人は多くありません。私が説明しましょう。

子供の頃からやっている経験豊かな剣士に勝つための「小手に対する面打ち」のコツとは?

小手に対する 返し面、抜き面などの面打ちは、非常に有効打突にしやすい技ですので、大人になってから剣道に入った方々も必ず得意になって欲しい技です。 

そのコツをそれぞれの面打ちごとに詳しくお話しします。

50代で始めても体を痛めずに行える、基本の胴打ち稽古法

まっすぐ打つ 面・小手と異なり、胴打ちは難易度が上がります。 

踏み込みが重要ですが、〇〇を注意した正しい練習方法を見せします。
 
 
>>大人剣道・上達プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~

大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~ TOP » 大人剣道・上達プログラム内容 » 大人剣道・上達プログラムの内容について(5)