大人剣道・上達プログラムの内容について(7) | 大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~

大人剣道・上達プログラムの内容について(7)

大人剣道・上達プログラム 【教士八段 林朗 監修】

大人剣道・上達プログラム 【教士八段 林朗 監修】
 
 
大人剣道・上達プログラム 【教士八段 林朗 監修】

林先生の大人剣道の悩み克服法のDVDの内容はだいたいわかったと思いますが、 練習についていけれるか、心配される方もいるかもしれません。

このDVDでは、初心者の方や大人剣道の悩みの方でも、うまく剣道えるように作っています。

その特徴を、ご紹介します。

●直接指導しているような内容

どんな大人剣道でお悩みの人にでも克服して欲しいうコンセプトで、誰でも実践できる モノを作りました。

教材にするにも、文章ではどうしても伝えきれないことが多すぎてしまう。

そのため、必然的にDVDでの説明になることは決めていました。

問題はその内容・・・

本当は道場で指導をするように、剣士一人との対面での、かかり稽古・約束稽古形式でやるのが良いのだが、 と、悩んでいたところ、生徒さんから意見があったのです。

●「いっそのこと、大人で始めた私たちの良い演武・悪い演武を撮れば?」

確かにその方が自然に教えられるし、見る剣士の方たちも、自然に入れるのではないか?

そして、DVDは生徒同士での稽古を行うような形式になり、林先生が直接指導しているようなものに仕上がりました。

内容に関しては、前述のとおり、ポイントを押さえた誰にでもできる練習方法になっております。

今まで指導してきた人の能力や「癖」を再度収集し、悩みの多かった内容や、伸び悩んでいた剣士の躓いていたポイント等を取捨選択し、独自のプロセスを編み出したのです。

また、今回は 【師弟同行】

大人で始めた男女二人の剣士さん、そして癖や上達を阻む問題の対比ができるように、子供の頃から剣道をやっている剣士、合計3名に協力してもらい、受ける側の意見を反映するようにしました。

● 明確なゴール!あなたも強い剣士になれます

「ただの稽古だったらおもしろくない。やっぱり、試合で勝てるようにならなきゃ意味が無い。強くなる為に剣道が楽しくなるようにしたい。」

明確なゴールを決めることは、目標を達成するために必要です。

そして、剣道の楽しさを味わって欲しいと思いました。

そのため、強くなるための稽古法を基礎から応用へ、順を追って設定して、稽古がやりやすくするようにしました。

● 大人で始めた剣士と子供時代からの剣士の違いを収録

大人になって始めた弟子がなかなか習得できない技や、陥りやすい「悪い癖」を参考に、DVD内で解説する稽古内容の選定を行いました。

各稽古内容の説明の中で、注意点や大人になって始めた方が陥りやすいポイント、苦手とする技をふんだんに解説してあります。

また、40~50代の男性・女性(主婦)剣士が、子供の頃からの剣士を相手に演武する映像を収録し、その違いや稽古のためのコツを比較解説しました。

この解説により、わかりやすく分析、そして、繰り返し実感しながら、楽しく剣道の稽古をできるように構成されております。

● 継続してできる内容

誰でもできる内容で作成しましたが、続けられる内容で無ければ意味がありません。

毎日、長時間の内容を繰り返すようなものであると、毎日続かなくなってしまうことも予測されます。

そういった事態を避けるため、細かく練習内容を分けることにしました。

構え、手の内、足さばき、素振りなどの基本項目から、基本打突、連続技、応用打突に分けて、一つの稽古を独立して収録するようにしています。

これを課題別で選択して、一日何項目かの稽古で習得が可能です。

可能な限り続けやすくしたので、長続きしない方にも大丈夫です。
 
 
>>大人剣道・上達プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~

大人剣道・上達プログラム~剣道が上手くなる練習方法~ TOP » 大人剣道・上達プログラム内容 » 大人剣道・上達プログラムの内容について(7)